antennice---

主に好きなことの集積場
音楽・映画・本・人・動物・食べ物・化粧品そのたいろいろ
でも正直生イカは好きじゃない。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

これが幕の内…!------“平成風俗(japanese manners)”

東京事変が結成され、良い意味で椎名林檎ソロ名義での活動にはもう期待をしていなかった私にとって、映画『さくらん』での音楽監督そしてアルバム発売は、ものすごいニュースだった。悲しみはせずとも手を叩いて喜ぶべきものか、あやふやな気分でシングル“この世の限り”と、この“平成風俗”を手に取った。だって林檎嬢がどんなエネルギーを持って、どんな情熱を持って今回の音楽を作っていくのか皆目見当もつかなかったんだもの。いくつか雑誌を読んではみたものの、私の眼は上滑りだった。
このアルバムの、この音楽が、やはりと言うべきか、答の全部だった。
続きを読む >>
ミュージク | permalink | comments(11) | trackbacks(0)

フランス語を喋るオダギリくん・・・------“リード・マイ・リップス”

春休みに入って、就職活動の合間を縫ってビデオやDVDで映画を観まくっているところ。週に5本のペースで、毎回うち最低1本はフランス語のものを観ようと思って、今回これがその1本。
サスペンスだっけ…
今回の映画まつりから行き始めたビデオ屋さんで、「官能サスペンス」の棚を発見してちょっとびっくりした。官能とサスペンスの関係… この映画は官能はそんなになかった。

主役ふたりが魅力的だった。特に難聴の秘書さん役のエマニュエル・ドゥヴォス。あの少し陰気な感じが、見てられないけど見ていたいと思ってしまう… そして相手役のオダギリくん…じゃなかった、ヴァンサン・カッセルくん。
評価:
メディアファクトリー
(2004-04-23)
続きを読む >>
フィルム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

だいじなことがわかって、------“FANTASY”

CMのイメージが強烈で、ラジオで聴いても「ラブソング」のイメージ以上なかった曲。
テレビ出演で歌詞含め初めてまともに聴くと、そんなわけがなかった。
こういう曲をたくさん歌って欲しいなあ。彼女に限らず。



評価:
ユニバーサル・シグマ
(2007-01-17)
続きを読む >>
ミュージク | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

はじめた

初めてまともにブログというものに手を出した。
何は無くともモノコレをしたいがため。
そして好きなものの話をゆっくりするため。


しかしいい加減寝よう。


よたとそのた | permalink | comments(0) | trackbacks(0)